文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

雪女と渡り廊下

            彼は雪女に会ったことがある。

14才だった。 冬の満月の夜だった。

夢の中か、空想の中か、 現実の中だったのか…… 定かではない。

ただ、彼の記憶の中に、 雪女に会ったという 記録が確かにある。

彼と雪女は、学校の渡り廊下の、 ちょうど真ん中ですれ違ったのだった。

彼は、3番目の校舎の教室の前の廊下を歩いて来た。 そして、突き当たりの角で左に曲がって、 2番目の校舎に繋がっている渡り廊下の方へ向かった。 ちょうどその時に、雪女が、 向こうの正面に現れたのだった。 彼女は2番目の校舎から渡り廊下を通って、 こっちの、3番目の校舎に来ようとしていた。 彼はそれに気づいて ギクリとした。 彼は既に、渡り廊下の方へ向かって歩いている。 彼女の方もこっちに向かって歩いて来ている。 途中で引き返すというような、 あからさまなことは、彼には出来ない。 逃げるようで卑屈だし、彼女に対しても失礼だ。

彼は、彼女に気づいてなフリをしようと、 下を向いて、考え事をしているように装って、歩き続けた。

彼の下を向いた視界に、彼女の下半身が入った。 そして、すれ違った。 すれ違った直後に、横目で視線を上げて、 彼女の顔を見ようとした。 でも、その時はもう、彼女の後ろ髪しか見えなかった。

それから4、5秒たってから、彼は慎重に 後ろを振り向いてみた。 彼女はちょうど、角を曲がるところだったので、 横顔を見ることができた。