片根伊六 帳

[ かたねいろく ]  コメントはWEBページに表示されず、管理者のみに送信されます。

            わたしは旅に出ているのだ。

どこから旅立ったかは忘れたが、 どこかに戻ることになるだろう。

この部屋も旅先の宿である。

わたしは今、輪廻転生の概念を悟ったのだろうか? 人生は続くのだと分かった。

(わたしは時間の存在を疑っているのだ。)

わたしはこれから事業を成し遂げるだろうが、 それは一つの都市にすぎない。