文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

風邪をひいた悪い時はあきらめが肝心です。

            風邪をひいた悪い時はあきらめが肝心です。

何もせずに、安静にしていなくてはなりません。 少しでも多くのエネルギーを、免疫細胞にたくして 早く回復させてもらうのです。

少し良くなったからって お母さんが出かけている間に いろいろやり始めてはダメです。

完全勝利の時までは おかゆ一すくい、アクエリアス一滴、りんご一切れまで すべて免疫細胞にたくしましょう。

お大事に。