文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

スピード

            さっき、お店の駐車場で

バックとドライブを間違えて、 パニックになって、 ブレーキとアクセルも間違えて どんどん後ろの車に向かっていってて 恐かった。

変な所で止まったまま、 心臓がばくばくして 動けなかった。

しばらく行って、 ネットカフェのある交差点で止まってたら 後ろの車から 大きなクラクションを鳴らされた。 青なのに交差点で止まったのか、 赤で止まって 青になったのに気づかなかったのか どちらか分からない。

それから、けっこうスピードを出して走った。

うどん屋の前あたりで 中央線のちよっと内側に 猫が死んでて 急ハンドルをきってよけた。

あとちょっとで電柱にぶつかってたな…… と思いながら、ぼーっとしながら走った。

気がつくとまた、スピードがけっこう出てて あわててアクセルをゆるめた。

家の駐車場で 「運がわるけりゃ死ぬだけさ」 という歌詞を思い出した。

家の電気はもう消えてた。