片根伊六 帳

[ かたねいろく ]  コメントはWEBページに表示されず、管理者のみに送信されます。

武器 (詩)

            彼はもともと武器ではなかった。

礼儀正しくて大人しい道具だった。 近所でも「良い道具だ。良い道具」だと評判だった。

何か環境が悪かったのかもしれない。 時代の流れについていけないと感じたのかもしれない。 だんだん、うっくつしていって、 嵐の夜にほくそ笑むようになったのかもしれない。

思い出すと身震いしてしまう。

どこでどうなったのか、何が動機だったのか 誰かが関係しているのか、どれだけ大変だったのか 私たちには思いもつかないようなことが いろいろとあったのだろう。

カタカタカタカタ ブーンブーン カタカタカタカタ ブーンブーン

遠くの方から彼の鳴き声が聞こえてくる。

だんだんこっちの方に近づいて来ている。

この町も、もう、人が住めるところではなくなるだろう。

逃げる場所は、この世にはもう存在しないということを 私たちはうすうす気づいている。 彼らの勢力は、そのうち世界中のすみずみにまで 広がっていくことだろう。

でも私たちは、たんたんとトランクに荷造りをする。 他の選択肢には気づいていないふりをして。 悲観的でも楽観的でもなく。

カタカタカタカタ ブーンブーン カタカタカタカタ ブーンブーンブーン