文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

スナフキンの曲 (詩)

            ムーミンの文庫本が家にそろっていて

たまに読み返す。

スナフキンが曲を作ろうとする話が特に好きで、 どこに入ってたかな...と 探し出して読むことがある。

ある素晴らしい曲が頭の中にあって あとは楽器を使って出すだけなのだが、 それが難しい。

早く出しすぎてもダメなんだけど ヘタをすると壊れて、台無しになってしまうかもしれない。

旅を続けながら 出してもいいタイミングをずっと待っている。

けっきょく、ある不快な出来事をきっかけにして 曲が頭の中から消えてしまうことになる。

コーヒー屋さんとかで その場面を思い出すと、涙が出そうになる。