文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

谷川俊太郎さんの詩から学ぶ 効果的な書き方 (2) 直喩

            <strong>さらけ出そうとするんですが

さらけ出した瞬間に別物になってしまいます 太陽にさらされた吸血鬼といったところ 魂の中の言葉は空気にふれた言葉とは 似ても似つかなぬもののようです

詩集『続・谷川俊太郎詩集』谷川俊太郎著p..74-75より

直喩ですね。 (直喩:「たとえば」「ような」などの語を使ってたとえる仕方。)

3行目をはぶいても、文章としては成り立ちます。

さらけ出そうとするんですが さらけ出した瞬間に別物になってしまいます 魂の中の言葉は空気にふれた言葉とは 似ても似つかなぬもののようです

「自分の頭の中にある秘められたものを、正直に文章にしようとするのだけれど、書いてみるとちゃんと伝わっていないと感じる」といった内容だと思います。

この真ん中に、「太陽にさらされた吸血鬼といったところ」という一行が入った本来の詩と比べてみると、イメージの豊かさが全く違うと感じるのではないでしょうか?

「魂の中の言葉を活字として取り出す」ことと、「吸血鬼を昼間の屋敷の外に出す」ことを結びつけることで、私たちの多くが持っている吸血鬼のお話や映画の映像などを、すべて導き入れることができるのです。

人それぞれ感じ方が違うと言えばそれまですが、例えば、次のように感じることも出来るのではないでしょうか?

「谷川さんにとって魂の中の言葉とは、吸血鬼のように人を傷つけることもありうる、危険なものなんだな。」 「谷川さんの魂の中は、吸血鬼の屋敷のように、暗くて、得体の知れないものが潜んでいるような空間なんだな。恐いけど、とても興味がある。」 「ぼくの魂の中にも、深く潜って探せば、吸血鬼のような言葉が潜んでいるのだろうか?」 「その吸血鬼のような言葉は、谷川さんをもってしても、取り出すのが難しいものなんだな」

しかし、「吸血鬼」のような旨い比喩がどうやったら思いつくのか、ということになるとまた難しい問題になりますね。 自分の「魂の中の言葉」って、どういうものだろうと考え続けているうちに思い浮かぶかもしれません。

「太陽にさらされたアイスクリームといったところ」だと甘いですね。 「太陽にさらされたコーラかビールといったところ」だと軽いですね。 「太陽にさらされた蛍といったところ」でもないですね。

なかなか浮かびませんね...