文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

心の中にコンピュータを埋め込んでみた。 (詩)

            心の中にコンピュータを埋め込んでみた。

高画質な動画ですぐにいっぱいになるので、片っぱしから削除しなければならない。 とても忙しいので自動化した。 1分前のデータは、自動で削除するようにした。 全部消したらもったいないので、キュンとする場面だけは残すようにした。 キュンとする形や色つや音がたくさん集まった。 キュンキュンデータがどんどんたまっていって容量がいっぱいになった。 容量の8割を超えたら古いものを自動で削除するようにした。 せっかく集めたから見たいなぁ。 動画を集めながら、同時に、キュンキュンデータを見れるように、コンピュータを改良した。 これはとても良いイノベーションだと思ったが、処理が大変すぎて、イライラしてくる。 一からやり直しだ。