文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

美しいもの (詩)

            美しいものに出会っても

じっと見ることはしません。

忙しいからだと思います。 心にゆとりがないのです。 ヘンに思われるかもしれませんし。 じっと見たって 手に入るわけではありませんし。

「これは美しいものですよ」 「ここに美しいものがありますよ」 と誰からに言われたら しばらく見るかもしれません。

誰かが言うくらいだから それなりに価値があるのでしょう。 何かの役にたつかもしれません。

たまに コーヒー屋さんなんかで ぼぉーとしている時に 見るもの全てが 美しく見えることがあります。

音楽も良くて 誰かが歌っているのだと思うと 涙が出そうになります。

だいだい色のライトは 夕焼へのあこがれ。

小さなあこがれがたくさん集まって 直方体の部屋を暖める。 おだやかなエアコンの 風めぐみ。

アフリカのモチーフは 狩猟採集へのあこがれ。

ぼくらの遺伝子は 草をかき分け、前かがみで どきどきしている。

神様のいる世界。 老婆が預言し 若者がおどる。

木でできたテーブル 椅子、まぜる棒、きなりの紙。 フリーハンドのグラフィック。

見知らぬ仲間が等間隔にちらばって 書いたり読んだりしている。

ライオンが入って来ても みんな下を向いたまま。