文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

あてはまるものはありますか?

            (1)寒い季節に日が差して、山の画質がくっきりしていると、しばらく見ている。

(2)みんな寝ている夜中や早朝に出かけたり帰って来たりした時、    星や星座がくっきりと空に広がっていたら    建物で見切れているところを見るために、少し移動する。

(3)物語が、新鮮で感動的な展開だと、早く先が知りたいと思い、遅刻する危険を冒して    ぎりぎりまで見たり読んだりしてしまう。

(4)ラジオの投稿ネタが面白くて、一人で声を出して笑うことがある。

(5)才能のあるお笑いを見ていると、    良質な即興芸術としてのフリートーク、もしくは純度の高い短編小説的なコント    だと思って、スノビッシュな感じになる。    (snobbish:上品ぶった。教養・知識などを鼻にかけた。)