文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

お笑いタレントさんは、スベルことを恐れている。

             お笑いタレントさんは、スベルことを恐れている。

 いくら名誉ある賞を取ってようが、地位があろうが、お客さんが笑ってくれなければ価値が無い。  笑いとは違うが、落語家も、音楽家も、ダンサーも、マジシャンも、大道芸人も……、目の前にいる人を魅了しなければならないという覚悟を持っていると思う。  人前で何かする以上、例えお金をもらっていなくても、それくらいの覚悟を持たなければならないと思う。多くの人の時間をもらっているのだから。  結婚式のスピーチにしても、弔辞にしても、講義にしても、何かのちょっとした挨拶にしても……。  もしそれが出来ないのなら、最低限の手短な、形式的なものにして、さっさと去ってしまう方が良いと思う。