文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

トラのジョージ

【1】

 

温水プールでかわれているトラのジョージは
今日も元気

 

わたしがクロールの練習をしていると
横から

 

「ねぇ おじょうさん
オレと25メートル
きょうそうしようよ」
とか言ってきました

 

わたしがびっくりして
だまっていると

 

「イヤかい?
だったらしょうがない
5メートルだけ先にいっていいよ
オレは後からスタートするから」

 

わたしはどうしていいか分からなくて
だまったままターンして
泳ぎつづけていました

 

すると うしろから
ザバッ ザバッ ザバッ……
と ものすごい音がきこえてきました

 

そうして
うしろから
大きな波がつぎつぎやってきて
わたしをのせるようにして
おしてくれました

 

おかげで わたしは
いっきにゴールに
たどりつきました

 

これまでのベストタイムに
ちがいありません

 

うしろをふりかえると
ジョージはまだ半分あたりで
ザバッ ザバッ ザバッ……と
大きな音で
大きな波をたてています


ジョージはネコ科なのに いつも
犬かきで泳ぎます

 

【2】

 

温水プールで飼われているトラのジョージは
今日もうるさい

 

ボクが平泳ぎで
のんびり泳いでると 横から

 

「そんなんじゃ 立派な人間に成れないよ
オレみたいに……
この歳になっても トラのままで……
もっと クロールとかで
気合い入れないと」

とか言ってきた

 

ボクは 駅前のアンケートの
二十五才前後の男を ムシする気分で
ジョージをムシした


いつものように

 

ジョージはネコ科なのに いつも
犬かきで泳ぐ