文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

詩の定義(もう一つの)

 今まで何度か詩の定義をしたことがあるけど、さっきもう一つ思いついた。


「書いてみて、自分で、こういう言い回し、ちょっと面白いんじゃないかな、と思えたものは、短かろうが長かろうが、改行があろうがなかろうが、それはすべて詩と言っていい。そうして、一人でも、それを面白いと、お世辞じゃなくて、自分と同じ方向で自然な感じで言ってくれる人がいたとしたら、それはもう完全に詩だと確信していい。そう言ってくれる人がまだ一人もいない場合でも、きっとこういう面白さを分かってくれる人がいるはずだと確信がもてるのなら、やはりそれは詩だと言っていい。ましてや、自分で何度も読み直したくなって、何度でも面白がれるのなら、かなり良い詩だと思っていい」