片根伊六 帳

[ かたねいろく ]  コメントはWEBページに表示されず、管理者のみに送信されます。

タバコとコーヒーとおじいちゃんについて

 昔の小説や映画で、大量にタバコを吸う描写があると、心配な気分になる。肺ガンかなんかになるんじゃないかと。きっと今とはタバコに関するイメージが違っているのだろう。
 あと三〇年くらいしたら、もしかしたら、コーヒーがこんなふうなイメージになっているんじゃないかな。すい臓ガンかなんかになるとか言われて。
 そうなったら嫌だな。
 「おじいちゃん、一日にコーヒーを何杯飲んでるの? 1リットル以上は飲んでるんじゃない? 少し減らした方がいいよ。体に良くないよ」とか言われて。
 そうなったら、それはそれでまあ、いいか。