文体練習

片根伊六(かたねいろく)による、詩、物語、小説、エッセイなどを掲載しています。

2018-02-15から1日間の記事一覧

人生の単位「ジセ」について (詩)

生れる前に時間は無い 死んだ後にも時間は無い とすると 生れてから死ぬまでの間が 君にとっての時間だ 生れてから死ぬまでの時間を10で割った長さを 人生の単位とすると みんな0で生まれて10で死ぬことになる 蟻もゾウも、タンポポも縄文杉も 君も そ…

理系と文系とコウモリ (詩)

理系の考え方になると さみしく、つき放される 原子の集まりにすぎない 遺伝子ですでに決まっている 統計データの中の1つのサンプル 銀河系の中の砂の粒より小さいもの 数学的に、論理的に、科学的に 説明されてしまうと 自分がちっぽけに、謙虚になる 文系…

ばあちゃんのお見舞い (詩)

ばあちゃんのお見舞いに行った。 いつものように、驚異的な回復力でケロッとしているだろうと思って、気軽な感じで行ってきた。 開け放たれた病室の入り口からのぞくと、奇妙な角度で背中を曲げて寝ているのが見えた。 入れ歯がずれて、出っ歯のようになって…

今度くる時は (詩)

大きな池のほとりにたどり着きました。 倒れた木に腰かけると、池の上にはりだした木々の間から、向こう岸の森が見えます。 水鳥が水の上でしばらく助走をつけてから、ななめに飛び立って行きました。 足元の緑色の水面が、やさしく光を波立たせています。 …